【症状】膝痛

​以下のような症状でお悩みではありませんか?

【膝痛の症状】

階段を昇り降りする時に痛む

✔ 膝が伸びにくい

✔ ​つっぱったり痛んだりして正座がしにくい

✔ ​少し無理をして歩くと腫れや痛みが出る

​ 立ち上がる時に痛む

【膝痛の原因】

  • ​運動のし過ぎ

  • ​運動不足による筋肉の低下

  • 膝周りの筋肉の疲労

  • 体重の増え過ぎ

  • ​一方の膝へ重心が偏っている

IMG_6474.jpg

変形性膝関節症は進行すると歩行が困難になることがあるので早めの手当てが必要です。

​さらに、老化によって膝関節のクッションである軟骨がすり減ったり、余分な骨が出っ張る変形性膝関節症や半月板損傷などがあります。早期で腫れがあったり、熱を持っている場合は整形外科を受診し検査をしてもらいましょう。

「他院と違う」当院の施術

院の施術は他院と違い、痛みが出た膝部だけを施術するのではなく、痛みの原因を見つけ取り除くことで、筋肉や関節の動きを正常にし、痛みや辛さを改善していきます。

膝痛の原因は1つではなく、複数の原因が関連し、その結果として現れます。つまり、膝痛だから言って、膝周りだけを施術して終わることはありません。

歩き過ぎや急に運動した時に痛くなった場合は、膝の周りの筋肉疲労が原因ですので膝周りを中心に施術しますが、そうでない場合は身体の左右のアンバランスや骨盤の歪みからも起こっていると考えられます。 

骨盤の歪みが起こる原因の一つに、内臓にできたしこりが関係しているので、腹部にある関係箇所を診ながら、膝痛の根本改善を図ります。

また、40歳代後半以上の方に見られる変形性膝関節症は自然に治るということは少なく、進行すると歩行が困難になることがあるので、早めの手当てが必要です。

​膝が伸ばしにくいなどの違和感を感じ場合には、当院にご来院ください。

膝の周囲をよく施術することで血行を促し、筋肉の弾力を保たせます。

IMG_6189.jpg

身体の不調はその箇所だけでなくお腹にも表れます。
※使い捨て手袋をはめて施術します。​

これら以外の関節痛の場合でも、早期の腫れや熱がある時を除き、患部をローリングすることにより痛みの緩和に役立ちます。